妖怪・モンスター図鑑 他

妖怪・モンスターをイラストつきで紹介しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白澤図080トウテツ  

トウテツ

名は饕餮。(とうてつ)
渾沌、窮奇、檮杌と共に四凶と呼ばれている悪神。
その姿は牛か羊のようで、曲がった角、虎の牙、人の爪、人の頭を持つとされる。
嬰児のような鳴き声で、人をとって喰らうとされている。
「饕」には財産を貪る、「餮」には食物を貪るという意味を持つとされ全てを食い尽くす物とされ、殷時代にはその意味から転じて魔をも喰らい尽くすということで魔よけの意味を持ち、青銅器などに装飾されたとされる。
一方、炎神の子孫であり農耕を司る神として中国南部にて信仰されていた人々によって装飾されたとされる説もある。
黄帝よって倒された蚩尤の首が地に落ち饕餮に変化したともされる。
帝・舜に敗れた後は幽州(河北省北部、遼寧省一帯地域)に流されたとされる。
明代には竜の子である竜生九子の一人とされ、こちらでも特徴は飲食を好むとされている。
原文では羊のようとあるのですが、中国での羊はおおむね山羊を指すそうなので、毛の質は山羊っぽく描いてみました。
ムックになりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://aimatarou.blog63.fc2.com/tb.php/161-275e2c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。