妖怪・モンスター図鑑 他

妖怪・モンスターをイラストつきで紹介しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つの大罪06レヴィヤタン  

P01レヴィヤタン

「レヴィヤタン」嫉妬の海蛇・貝。
海中に住む巨大な生物で、その巨大さゆえに泳ぐと波が逆巻くほど。
大きな口に鋭い牙。ぎらぎらと光る目。鎧を思わすような硬い皮膚でいかなる武器も通用しない。
旧約聖書『ヨブ記』『詩篇』『ヨナ書』などでは最強の生物として記述されているそうです。
本来はつがいで存在していたが、あまりにも危険なために繁殖せぬよう、雄は殺されてしまい雌だけしかいないという説もあり、その代わり、残った雌は不死身にされているのだそうです。
また「レヴィヤタン」を雌、同じく天地創造の5日目に造りだした存在である最高の生物「ベヒモス」を雄とし二頭一対とする説もあるそうです。


大きいサイズで見る場合はコチラ
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=big&illust_id=12839715
スポンサーサイト

白澤図077ショクユウ  

00なつ

名は祝融。獣面人身。二頭の龍に乗る。
四聖神の一人として数えられ南方を守護する。
夏を司り火行に通じる神。
四聖獣でいえば南方の朱雀にあたる神様です。

七つの大罪05アスモデウス  

01アスモデウスのコピー

「アスモデウス」欲情の蠍・ガチョウ 。
欲情の魔王。軍旗と槍を持ち、地獄の竜に跨っている。
『トビト記』によると、アスモデウスはメディアという街に住むサラという女性に恋をしていました。
アスモデウスは彼女が結婚をするたびに、嫉妬でその夫を殺したのだそうです。
しかし欲情の魔王であるにもかかわらず、サラ自身には、一度も手をつけなかったことから、よほどシャイで小心者な魔王だったのではという噂もあるそうです。


大きいサイズで見る場合はコチラ
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=big&illust_id=12372622

白澤図076コウボウ  

00haru.jpg

名は句芒。人頭鳥身,二頭の龍に乗り、手にぶんまわし(コンパス)をもつ。
四聖神の一人として数えられ東方を守護する。
春を司り木行に通じる神。
四聖獣でいえば東方の青龍にあたる神様です。その方角から太陽の光芒の象徴とも言われているそうです。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。