妖怪・モンスター図鑑 他

妖怪・モンスターをイラストつきで紹介しています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白澤図013ヒッポウ  

00109.jpg

その名は畢方。章莪しょうがの山に住むとされる。
その姿は鶴の様で、青い身体に赤い模様、一本足で白い喙くちばしを持つ。
穀物などを一切食せず、口には常に火を咥くわえている。
畢方が現れるとその国に不審火が多く見られる。

古代、山中にて夜を明かすにあたって、火の中に竹の箸はしをくべて弾けた音により山の精霊や悪霊を驚かし、近づけないようにした。その音をひっぱくと呼び、そこより畢方の名が付いたとされる。
それゆえ、畢方ひっぽうは火の神と同時に木の神であるとされ、木の中より生まれるという言い伝えもある。

異説では黄帝が泰山に鬼神を集めた際、乗車を六頭の蛟龍に引かせ、その横を畢方が護ったとされる。
スポンサーサイト

白澤図012グウ  

00046.jpg

その名は寓。その状は鼠のようで鳥の翼があり、その声は羊のよう。
現れれば剣難を防ぐ。
寓はおそらく蝙蝠のことだと思われます。
蝙蝠は魔を退け幸せを呼ぶ縁起のいい動物とされているようです。

白澤図011ゴウエツ  

gouetu.jpg

その名はごうえつ。三危の山に棲むとされる。
姿は牛のようで、白い身体をし、四つの角、身体の毛はみのを広げたようになっている。
人を襲って喰らうとされる。
関係ない話ですが、中国では「牛のような人」とは、誠実や信頼を表すほめ言葉らしいです。

白澤図010ブラ  

00089.jpg

名は武羅。人面で豹の斑紋、小さい腰に白い歯、耳を穿って耳環を付けている。
鳴くときは鳴玉のような声を出す。 青要の山にいる山神。帝の秘密の都を司っている。
調べてみたところ帝の秘密の都とは、崑崙のことらしいです。

白澤図009ハイハイ  

haihai.jpg

名は、はいはい。
小咸の山より流れる敦水、東に流れて鴈門に注ぐ地に棲む。
この魚を食べると人を殺したくなるという、なんとも物騒な魚です。

白澤図008イギョ  

00014.jpg

楽游に住むとされる。
名はいぎょ。その姿は蛇のようで、四つの脚がある。
水中に棲み、魚を主食としている。
なんか子供とかに、いたずらされてそうな妖怪です。

白澤図007クジョ  

kujyo.jpg
名は瞿如。祷過山に棲むとされる鴨に似た奇鳥で、人間の顔で白い首、脚が三本で鋭い爪を持っている。「瞿如瞿如」と鳴くのでそう呼ばれる。
祷過山という山はゾウやサイが多く棲んでいて黄金や玉がよく採れるらしいです。ゾウやサイに囲まれて暮らす瞿如を想像し少し癒された気分になりました。

白澤図006サンコウ  

00173.jpg

名はさんこう。苦山に住むとされる。
その姿は豚の様で、丹の火の様に赤い色をしている。
人を見かけると見境なく罵るという困った妖怪です。

白澤図005リクゴ  

00095.jpg

名は陸吾。崑崙の丘に住み。人面で虎の身、九つの尾を持つ。
帝のもつ下界の9つの都全てを司り、季節を管理する神。
崑崙は黄帝や西王母など位の高い神仙も住むとされる中国では有名な伝説の聖域です。同じくこの陸吾も中国では有名な神らしいです。

白澤図004ジュウジュウ  

00110.jpg

その状は犬の様、六つの足、その名は従従。鳴く時は自分の名をよぶ。
デザインとして犬種はペキニーズのような獅子犬を選びました。
中国ではけっこう昔から愛玩用として飼われていたみたいです。

白澤図003ハクイ  

00082.jpg

名ははくい。山海経によると、基山の山に住むとされる。
その姿は羊のようで、九つの尾、四つの耳を持ち、目は背中にある。
はくいの皮をかぶると勇気がでるとされているそうです。
pixiv白澤図

狸の妖怪  

たぬき

狸の妖怪です。pixivファンタジア?で投稿したキャラクターです。
結構気に入ってます。

白澤図002アツユ  

00013.jpg

その状は牛の様で、赤い身。人面で馬脚。名はあつゆ。その声は嬰児のようで、人を喰う。

日本でもそこそこ名の知れた妖怪だそうです。中国では、山の中赤子の泣き声が聞こえたら気をつけるように、との言い伝えがあり、そのほとんどが人食い妖怪の鳴き声だとされているらしいです。
pixiv白澤図

白澤図001ハクタク  

01hakutaku.jpg

姿は大変醜く、人面で獅子のような牛のような体で、頭上には一対の角、下顎には山羊にも似た髭を持つ。体中に九つの目があるとされるが、図によっては三つ目であったり、百眼であったりする。一般的には牛の姿で横腹に一眼で描かれる事が多い。人語を巧みに操り、その知識は森羅万象に通じ、特に鬼神精怪の類については答えられないものは無いと言われている。
有名な話としては黄帝が東方に視察に出かけた時、桓山にて白澤に出会う。鬼神精怪の類について黄帝が尋ねると、白澤は一万一千五百二十種の太古より生き続けるものや、魂が変化した妖怪について詳しく語った。黄帝はその内容を絵師に余すことなく描かせ、世界最古の妖怪図鑑といわれる『白澤図』を完成させる。

友人が趣味で集めている中国妖怪の文献をもとに描いています。ほとんどが、元絵とは全く違ったデザインになってます。すみません。
pixiv白澤図

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。